40代の乾燥肌をケアするオールインワンゲルに必要な成分は?

MENU

保湿成分がたっぷり含まれているものが◎

40代になって肌の乾燥が気になるようになったという方は多いですが、肌を潤わせるためには外から保湿することが大切です。オールインワンゲルには1本の中にいろいろな種類の美容成分が入っていますが、乾燥が気になる方は特に保湿成分に注目してどのオールインワンゲルを使うか、選ぶようにしましょう。

肌の保水力を高める成分に注目

  • セラミド
  • ヒアルロン酸

年齢とともに肌の保水力は失われてしまうため、水分を補充してもすぐに消えてしまうために乾燥が進みます。保水力が失われた肌の状態のままでは保湿成分を補充しても効果を得ることはできませんから、まずは肌の保水力を高めて肌が水分を蓄積できるよう環境を整えてあげなければいけません。

 

セラミドやヒアルロン酸は年齢とともに肌から失われてしまっている成分なのですが、保水力の高い成分として知られています。肌から失われたセラミドやヒアルロン酸を外から補充できれば、肌は潤いをキープできるようになります。

肌を元気にして潤いを取り戻させる成分とは?

40代になって肌の老化が進めば、肌は元気を失うために潤いもなく乾燥していきます。保湿のためには水分をただ補充するだけでなく、肌の新陳代謝を良くして元気な状態にしてあげなければいけません。

 

そのために効果を発揮する成分がコラーゲンです。コラーゲンは新しく肌を作るために欠かせない成分であり、コラーゲンを外から補充することができれば肌は若さを取り戻しますから若い頃のようにぷるぷるした潤いある肌が戻ってきます。肌を若返らせて以前の潤いを取り戻すためには、コラーゲンの入ったオールインワンゲルを選びましょう。

保湿成分が豊富に入ったオールインワンゲルをたっぷり使って肌を保湿しよう

オールインワンゲルは一本で化粧品すべての役割を果たすことが出来る化粧品です。何本もの化粧品を一つにまとめたと考えれば高い買い物ではないのですが、オールインワンゲルはけっこうな値段がするからと少なめにしかつけないでいる方もいらっしゃいます。

 

しかしオールインワンゲルは1つだけでケアが終了するだけに、他につけるものはありません。もったいないからと量を少なくしてオールインワンゲルを使っていますと、肌を潤わせるところまで行かず、肌の調子は悪くなるばかりです。

 

オールインワンゲルを使うときは、もちろん使いすぎても意味はありませんが、たっぷりつけて肌を潤わせるようにしてください。少なめではつけない場合とほとんど変わらない結果になってしまいますから、もったいないと思うことはやめましょう。

関連ページ

40代の肌の状態とは?
これまでは肌に何の悩みもなく化粧品を選ぶときも特に考えずに選んでいた方も、そのままのスキンケアを続けるわけには行かないのが40代です。40代に入った肌は、30代までの肌とは違って非常に弱くなっていますから、しっかりいたわってあげなければいけません。
浸透力が高いオールインワンゲルを選ぼう!
オールインワンゲルにはいろいろな種類がありますが、ものによってはつけてはみたけれどいつまでもベタつきが残るだけだったので使うことをやめてしまったという話を聞きます。いつまでもべたつくのだとしたら、成分が肌に浸透していないからかもしれません。成分が浸透しなければ乾燥肌を解消することができませんから、オールインワンゲルを選ぶときは乾燥肌を解消するために成分の浸透性に注目してください。
敏感肌でも安心なものがおすすめ
オールインワンゲルだけではありませんが、化粧品を調べてみますといろいろな成分が入っていることがわかります。成分を調べるときによくチェックしていただきたいものが添加物です。化粧品の成分の中には、弱った肌には刺激となってしまう添加物が入っていることが多いため、それらが入っていないものを選ばなけば肌の調子を崩してしまいます。