オールインワンゲルでケアする前に40代の肌状態を知っておこう!

MENU

40代の肌の状態とは?

これまでは肌に何の悩みもなく化粧品を選ぶときも特に考えずに選んでいた方も、そのままのスキンケアを続けるわけには行かないのが40代です。40代に入った肌は、30代までの肌とは違って非常に弱くなっていますから、しっかりいたわってあげなければいけません。

 

40代の肌の状態とは?

40代になってあらわれる肌の変化とは?

40代に入ると更年期が近づいてきて女性ホルモンのバランスも崩れやすくなります。これまでは元気だった肌も女性ホルモンの崩れとともに元気を失いトラブルを起こしやすくなります。40代をすぎればシミやしわ、たるみなど、あらゆるトラブルが発生して苦しめられます。その中でも最も多く感じる方が多い問題が肌の乾燥です。

40代に入ると乾燥しやすくなる理由とは?

40代に入って女性ホルモンの分泌のバランスが崩れることによって起きる問題が月経不順、そして体調不良です。それが更年期障害の症状の一つなのですが、体への影響だけでなく女性ホルモンの分泌が安定しないことによって肌にも大きな影響が現れます。

 

コラーゲンやヒアルロン酸は肌の中で作られる保湿成分なのですが、だんだんとその生産量が少なくなり、40代に入って女性ホルモンの分泌が不安定になればさらに生産量が減って肌を乾燥させてしまいます。肌の水分量を取り戻すためには、肌が作るだけでは足りませんから、化粧品などを使って外から補充してあげなければいけません。

肌は乾燥するとあらゆる肌トラブルを引き起こす

肌が乾燥することによって、これまでは何のトラブルもなかった方もあらゆる肌のトラブルが発生します。

  • しわができてしまう
  • ハリがなくなるために肌がたるむ
  • 肌がくすんだりシミができやすくなる

シミやくすみももちろん気になりますが、お化粧で隠そうとしても隠すことができず、老け顔の大きな原因となるものがしわやたるみです。肌に水分があるうちは肌は潤っているおかげでハリがありますから、しわやたるみなどがありません。

 

しかし、肌から水分が失われれば、ハリを保っていたはずの肌も重力に負けて垂れ下がってしまいますから、シワになったりたるみが生じたりします。

 

しわやたるみが生じても、年齢のせいばかりにしていてはいけません。同じ年齢でも肌にタルミやシワがある方と無い方では、見た目の年齢が全く違います。しわやたるみができにくい肌質の方もいらっしゃいますが、毎日のお手入れでしわやたるみはかなり解消されますから、肌の乾燥を防ぐことでまずはアンチエイジングを考えましょう。

関連ページ

保湿成分がたっぷり含まれているものが◎
40代になって肌の乾燥が気になるようになったという方は多いですが、肌を潤わせるためには外から保湿することが大切です。オールインワンゲルには1本の中にいろいろな種類の美容成分が入っていますが、乾燥が気になる方は特に保湿成分に注目してどのオールインワンゲルを使うか、選ぶようにしましょう。
浸透力が高いオールインワンゲルを選ぼう!
オールインワンゲルにはいろいろな種類がありますが、ものによってはつけてはみたけれどいつまでもベタつきが残るだけだったので使うことをやめてしまったという話を聞きます。いつまでもべたつくのだとしたら、成分が肌に浸透していないからかもしれません。成分が浸透しなければ乾燥肌を解消することができませんから、オールインワンゲルを選ぶときは乾燥肌を解消するために成分の浸透性に注目してください。
敏感肌でも安心なものがおすすめ
オールインワンゲルだけではありませんが、化粧品を調べてみますといろいろな成分が入っていることがわかります。成分を調べるときによくチェックしていただきたいものが添加物です。化粧品の成分の中には、弱った肌には刺激となってしまう添加物が入っていることが多いため、それらが入っていないものを選ばなけば肌の調子を崩してしまいます。