40代の乾燥肌には敏感肌でも安心なオールインワンゲルを!

MENU

敏感肌でも安心なものがおすすめ

オールインワンゲルだけではありませんが、化粧品を調べてみますといろいろな成分が入っていることがわかります。成分を調べるときによくチェックしていただきたいものが添加物です。化粧品の成分の中には、弱った肌には刺激となってしまう添加物が入っていることが多いため、それらが入っていないものを選ばなけば肌の調子を崩してしまいます。

 

敏感肌でも安心なものがおすすめ

40代の肌は弱くなっている

これまで肌の調子をあまり崩したことがないという方は、化粧品を選ぶときに添加物が入っているかどうかなどをチェックすることはなかったでしょう。

 

しかし、40代を過ぎたら化粧品の成分には十分に注意が必要です。若い頃は添加物が入っていたとしても特に何の問題がなかった肌も、40代に入れば刺激に弱くなるため、肌トラブルを起こしてしまうのです。

敏感肌には危険な化粧品に入っている添加物とは?

  • 石油系合成界面活性剤
  • パラベンなどの防腐剤
  • 石油系の合成着色料や香料

オールインワンゲルを調べてみますと、上記のような添加物が入っているものもあります。長く使うことが出来るように棒材が入っていたり、オールインワンゲルの滑りを良くするために界面活性剤、そして見た目を良くするために着色料や香料が入っているものもあります。

 

しかしこれらの成分は敏感肌にはかなりの負担となります。大人ニキビなど肌荒れを起こす原因となったり、肌のバリア機能を崩すことで、より刺激に弱い肌にしてしまうことがあります。若い頃には負担がなかった添加物も、40代に入ってからは刺激となりますから、これらの添加物が入っていないかを調べましょう。

敏感肌用のオールインワンゲルならば安心

オールインワンゲルの中には敏感肌用のものもいくつか販売されています。敏感肌用のものであれば肌に刺激を与えるような添加物は入っていませんし、成分も強いものを使わずに植物成分など肌に優しいものだけで作られているものが多いですから安心です。

 

自分は敏感肌ではないと敏感肌用のオールインワンゲルを選ばない方もいらっしゃるでしょうが、普通肌の方であっても40代になると肌が乾燥してかさつきがちになります。

 

乾燥している肌には敏感肌用のオールインワンゲルを使えば、刺激を与えずに肌を潤わせることができますからおすすめです。肌のかさつきが気になってきたら、特に敏感肌用のオールインワンゲルを使うようにしてください。

関連ページ

40代の肌の状態とは?
これまでは肌に何の悩みもなく化粧品を選ぶときも特に考えずに選んでいた方も、そのままのスキンケアを続けるわけには行かないのが40代です。40代に入った肌は、30代までの肌とは違って非常に弱くなっていますから、しっかりいたわってあげなければいけません。
保湿成分がたっぷり含まれているものが◎
40代になって肌の乾燥が気になるようになったという方は多いですが、肌を潤わせるためには外から保湿することが大切です。オールインワンゲルには1本の中にいろいろな種類の美容成分が入っていますが、乾燥が気になる方は特に保湿成分に注目してどのオールインワンゲルを使うか、選ぶようにしましょう。
浸透力が高いオールインワンゲルを選ぼう!
オールインワンゲルにはいろいろな種類がありますが、ものによってはつけてはみたけれどいつまでもベタつきが残るだけだったので使うことをやめてしまったという話を聞きます。いつまでもべたつくのだとしたら、成分が肌に浸透していないからかもしれません。成分が浸透しなければ乾燥肌を解消することができませんから、オールインワンゲルを選ぶときは乾燥肌を解消するために成分の浸透性に注目してください。