40代のオールインワンゲルはコラーゲン配合のものを!

MENU

潤いを守るだけでなく美肌効果が高いコラーゲン

美肌効果が高い美容成分として知られているコラーゲンはドリンクやサプリの形で摂取する方も多いですが、肌に直接効果を与えるために化粧品の成分として多くの化粧品に取り入れられています。

 

肌の潤いを守るためだけでなく美肌づくりに効果が高い美容成分ですので、オールインワンゲルを選ぶときはコラーゲンが入ったものを選ぶことがおすすめです。

 

潤いを守るだけでなく美肌効果が高いコラーゲン

コラーゲンにはどのような効果があるの?

コラーゲンには肌の表面で他の美容成分と一緒に肌を滑らかにする効果があります。40代になる頃には、若い頃は肌触りが良く滑らかだった肌もかさかさの肌に変わります。このままではお化粧をしてもきれいにつけることができません。

 

しかしコラーゲンを外から補充すれば、肌の表面が滑らかに変わりますから、若い頃のようにお化粧がしやすくなります。

 

コラーゲンが肌の奥まで働きかければ、シワやタルミを予防、または改善することが可能です。40代になって肌の乾燥が進めば肌はハリを失ってシワやタルミが増えてくるのですが、コラーゲンを補充すればしわやたるみがなくなりアンチエイジング対策をすることができます。

 

コラーゲンが減少すると肌の状態はどう変わる?

コラーゲンは年齢とともに減少するのですが、特に減少したことがすぐわかるのは30代から40代の時期です。この時期は一気に肌からコラーゲンの量が激減する時期なのですが、このときにはっきりと肌の老化を実感する方は多いです。

 

肌の老化が進みますと、肌はハリや弾力を失っていきます。元気をなくした肌はシワやタルミが目立ってきてしまってお化粧でもうまく隠すことは難しくなります。

 

コラーゲン入りのオールインワンゲルを使うと肌はどう変わる?

コラーゲンにも幾つかの種類があるのですが、肌表面に働きかける粒の大きなコラーゲンは、他の美容成分と一緒に肌に働きかけることで、カサカサの肌をなめらかな潤いある肌に変えてくれます。

 

もう一つコラーゲンの中には低分子コラーゲンという小さな粒子のコラーゲンがあります。このタイプのコラーゲンは粒が小さいために肌の奥まで入り込むことができます。

 

コラーゲンを肌の奥まで届かせることができれば、肌の奥まで潤いを届けることができます。肌が奥から潤えば肌のバリア機能も強くなり、肌全体を潤わせることができます。その結果、年齢とともに元気を失っていた肌にも元気が戻り、しわやたるみの不安をなくすことができます。

 

コラーゲンが入ったオールインワンゲルはいくつかありますが、肌の奥まで潤いを届けなければ肌全体を潤わすことは難しいですから、オールインワンゲルの成分を調べて低分子コラーゲンが入ったものを選びましょう。

関連ページ

肌に水分を蓄えさせることが出来るヒアルロン酸
30代を過ぎた肌は乾燥が進んで肌がカサついてきますから、潤いある肌を維持するためには肌から水分が逃げないように抑えなければいけません。オールインワンゲルに配合されている保湿成分はいくつかありますが、その中でも肌に水分を蓄えさせることが出来る成分といえばヒアルロン酸です。
水分を挟み込んで逃さないセラミド
保湿成分は本来肌の中にも存在するのですが年齢とともに数が少なくなっていくために潤いを保つことができなくなってしまいます。肌のかさつきを抑えるためには、オールインワンゲルを選ぶときに水分を閉じ込めて逃がさないセラミドが入っているものを選びましょう。