40代のオールインワンゲルは使い心地にも注目して選ぼう!

MENU

伸びが良くて使いやすいことが必要

オールインワンゲルを選ぶときは、塗ったときの心地についても考えてから選ぶことが必要です。オールインワンゲルの中にはすぐに肌に伸びて成分が肌の奥まで浸透するというものもあれば、ゲルが硬いためになかなか肌に塗ることができないというものもあります。

 

肌トラブルを防ぐためにも、そして時短のためにも、伸びが良くてつけやすいオールインワンゲルはおすすめです。

 

伸びが良くて使いやすいことが必要

オールインワンゲルの伸びが悪いと肌トラブルが起きてしまう

オールインワンゲルの中にはゲルが硬いために伸びが悪いものも存在します。いくら効果が高い成分が豊富に入ったオールインワンゲルだとしても、伸びが悪いと、肌に強い力で押し付けて伸ばしてしまうことが多くなります。

 

オールインワンゲルはかたまった状態のまま肌においておくことができませんから伸ばすことは必要なのですが、あまり強い力を加えれば肌が摩擦でトラブルを起こしかねませんから気をつけましょう。

 

伸びが良いオールインワンゲルでお手入れをすればマッサージ効果も得られる

30代から40代の女性の肌は若い頃と違って血流が悪くなっていますし新陳代謝もよくありません。肌の老化が進んでトラブルも起きやすくなる30代から40代の女性は、血流や代謝を良くするために、肌をマッサージすることも必要です。

 

何もつけずに肌をマッサージすることは可能なのですが、より刺激を与えることなく肌を元気にするためには、オールインワンゲルをつけてマッサージすることがおすすめです。そのときに伸びが良いオールインワンゲルを使えば、肌の隅々まで成分を届かせてマッサージすることができます。

 

伸びが良いオールインワンゲルならば少量でも効果が得られる

オールインワンゲルの伸びが悪い状態では、肌全体にオールインワンゲルをつけなければならないために、全体的に付ける量を多くして対応する方が多いです。しかし、オールインワンゲルもあまり量を多く使いすぎてしまえば、毛穴に成分が詰まってしまってニキビなど肌トラブルを起こすことが多いです。

 

しかし、オールインワンゲルをつけて伸ばすようにすれば、肌の奥までしっかり美容成分が届きますから効果が得られますし、少量で伸ばすことができますから余分にオールインワンゲルを付ける必要はありません。

 

オールインワンゲルはもったいないからといって量をむやみに減らしても意味がありませんが、だからといって伸ばすために量を増やしすぎるのもいけません。少量でもしっかり伸びるオールインワンゲルを選んで丁寧にお手入れを続けましょう。

関連ページ

保湿効果が長く続くかどうかを調べる
40代の肌は年齢とともに肌の乾燥が進みます。しっかり基礎化粧品を使ってお手入れをしているはずなのに、つけたすぐは潤っていてもすぐに肌がカサついてしまうことがあります。オールインワンゲルを選ぶときは、保湿効果が長く続くものを選ぶようにしましょう。
肌への浸透力が高いオールインワンゲルを選ぶ
40代になりますと、肌が美容成分を吸収するまでの速度がかなり落ちます。美容成分がたっぷり入ったオールインワンゲルを使っていても肌の表面だけしか潤わないものでは肌の状態が良くなることがありませんので、ここは要注意です。より高い効果を得るためには、オールインワンゲルの中でも浸透性の高いものを選ぶ必要があります。
オールインワンゲルは刺激が少ないことが大切
オールインワンゲルを選ぶとき、敏感肌の方にとって特に気になるのは刺激が少ないかどうかです。美容効果の高い成分が入っていたとしても、強い成分が入っていた場合は肌への刺激が強くトラブルを起こしてしまいますから、刺激の少ない成分で作られているかどうかは非常に大事なことです。
コストパフォーマンスが高いかどうかのチェックを忘れずに
オールインワンゲルを選ぶときはコストパフォーマンスを見ることが大切です。値段だけを見てオールインワンゲルを選びますと、美容効果が全く得られないということもあります。値段だけを見て決めるのではなく、オールインワンゲルを選ぶときはコストパフォーマンスに注意することが必要です。